「寝屋川」眩暈(めまい)の改善もしくは予防に‥

query_builder 2022/03/26
自律神経
塩灸8

こんにちは。寝屋川のかわい鍼灸院のユウタロウです(°▽°)

本日も数あるサイトの中から当ブログに足を運んで頂きありがとうございます✨


本日は普段の生活や突然の眩暈(めまい)で苦しんでいてお悩みの方や、過去に眩暈(めまい)で苦しんでいたので、その予防ができないかな?って方に向けて書いてみようと思います。


以前、今の時期が眩暈(めまい)が起こりやすいって事とそれに伴う原因に関してはブログに書かせて頂きました。

こちらから読めますので、良ければこちらも参考にして頂けたらと思います。

https://www.kawaiyutan.net/blog/20220321-1776/


でっ、眩暈(めまい)って実際、突然、起きるパターンがほとんどだと思います。

特に日頃、慢性的な肩こりがある人で、女性ほど突然、眩暈(めまい)が起きて気持ち悪くて動けないので、何とかしてほしいので鍼灸院に来ました!って方がいました。


鍼灸の修行時代でも車の揺れや人混みで眩暈(めまい)に襲われて仕事に行けないので、改善して欲しいって方がいました。


でっ、これらの眩暈(めまい)を起こす方々の共通点が一つあります。

それが先ほど述べた、「肩こり」です。

そして、これは私が眩暈(めまい)で苦しんでいる方々を見てきて思った事ですが、自律神経の乱れも関係していると思います。


まず、自律神経って言われてもよくわからない方もいると思います。

簡単に説明させて頂きますね。

自律神経を噛み砕くと

①交感神経

②副交感神経

以上の二つに分類されます。

この神経は主に交感神経が仕事や育児に家事といった、活発に動く際に働く神経です。

昔の生理学の授業では狩の際に働く神経と教えられました。

つまり、狩をする際に目がかっと見開いて心臓がどくどくと興奮して、獲物を仕留める際に鼓動が速くなるのは、この交感神経が働いているからです。


逆に夜に寝る際や食べた物を消化する際にゆっくりと働いてリラックスさせる神経が副交感神経になります。


人間はこの二つの神経のバランスが交互にとれることで、健康な状態を保っています。

しかし、これが乱れる事があります。

その原因の一つと言われているのが「ストレス」です。

特に女性の場合ですと、ストレスとホルモンのバランスで、一度、崩れると余計に乱れる傾向があると言えます。


東洋医学のお話になりますが、東洋医学では心と体は一緒で考えて施術をします。


つまりストレスでバランスが崩れれば、それは体にも影響しますし、体の体調が悪ければ精神的にも不安定になると言えます。


でっ、この自律神経が乱れるとどうなるのか?

先程言いました、自律神経の作用がようはめちゃくちゃになる訳ですね。

例えば、自律神経が乱れている方は、リラックスができていないと言えます。

つまりストレスによって体全体が常に力が入っている(体が緊張)状態になっていると言えます。

そのわかりやすい反応がこちらのお腹の画像です。

IMG_0784

こちらの緑の部分がストレスによって張っていたり硬くなっている方がいます。

お腹のこの部分が張っていると、普段の呼吸が浅くなります。


呼吸が浅くなると、必要なエネルギーが体の中に取り込めないって事が起きます。

体内にエネルギーが取り込めないと、心臓はエネルギーを供給する為に、より活発になります。

そうすると心臓の拍動は早い訳ですが、実際に取り込めるエネルギーはここが張っていたり硬い為に、取り込めない為、悪循環が生まれます。


このような状態をわかりやすく言うならば、何かマラソンや短距離で走った際に、肩で息をするようにゼーゼー言いますよね、そのような状態が今、体の中で起きていると言えます。


そうすると体の中では常に活発になっていますので、人によっては睡眠が浅かったり、不眠になったりします。

そうすると余計にエネルギー不足になり、体の中で今度は寒熱が発生します。

これはあくまでイメージですが、人の体は常にこの図のように温かいエネルギーと冷たいエネルギーが交互に巡っています。

IMG_0544

自律神経が乱れるとこのバランスが崩れます。

そうすると熱は上にいく性質がありますので、熱が上半身で滞ると、まず肩こりとして症状が現れます。

ここに先ほど述べたストレスがより重なったり、今の時期だと気候の変化、過労等などがより加わると、このバランスがさらに崩れます。

そうすると肩こりが余計に悪化して、体の中の熱も同時に増える訳ですね。


ここで増えた熱はここだけじゃ飽き足らず、別の場所に行きます。

それが目に入った際に突然の眩暈(めまい)やたまに出る眩暈(めまい)の原因だと言えます。


ですから、この眩暈(めまい)の改善や予防に関しては、肩こりを取り除く事はもちろん大事な訳ですが、それ以外にも自律神経の乱れを整える必要があります。


じゃあどうするのか?

当院だとまず自律神経の乱れの原因はストレスだと言いました。

このストレスが乱れる原因の一つに体の芯の元気がなくなった為に起きると考えます。

そこで用いるのが、こちらの塩灸です。

塩灸1

こちらは箱灸と呼ばれる器の上に、お塩を置いてその上からもぐさを燃やす方法です。

これをこのようにお腹の上に置いて燃やします。

塩灸6

人間の元気が最も集まる場所、それがお臍の辺りだと東洋医学では言います。

よく、発生練習の際にお腹から声を出して!って言うのは、ここからきているのだと考えられています。


これでしっかりとお腹を温めた後は、うつ伏せで鍼を刺して置いておく「置鍼」って方法をします。

その際にこのように足と腰などを温めます。

湯たんぽ3

眩暈(めまい)症状がでている方の足を触ると、大体の方が足が冷たいです。

足が冷えると余計に熱が上に昇る原因に繋がります。

その為、このように当院ではしっかりと温めるようにしています。

これらをした後に、最後に肩こりや腰痛等の別のお辛い場所に応じて、こちらの棒灸などの鍼やお灸の手を加えて施術は終了となります。

棒灸3

眩暈(めまい)って突然、起きると何よりびっくりしますが、個人的に思うのは気持ち悪いですよね。

普段の見えている自分の世界がぐにゃぐにゃするってとても恐いし、人によっては吐き気がするのもわかります。


そうならない為にも日頃から自律神経を整える事は大事だと思いますし、予防の為には肩こりを溜めすぎない事はとても大事な事だと言えます。


もし、現在、眩暈(めまい)までは言ってなくてもその予兆があって改善したい方や、過去にそれでしんどくて予防を考えている方は、じっくりと当院で体質を改善してみませんか?


体質が変化すると日々の生活が楽になります。

眩暈(めまい)が消えると、突然の恐怖からも解放されます。

当院で明るい生活を手に入れましょう✨


本日もここまで読んで頂きありがとうございます✨

また次回のブログでお会いしましょう(°▽°)


----------------------------------------------------------------------

かわい鍼灸院

住所:大阪府寝屋川市池田南町16-9 アズステーション池田103号室

電話番号:072-812-3723

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG