「大阪の鍼灸院」アトピー性皮膚炎とストレスによるかゆみ

query_builder 2022/06/11
はり
アトピー性皮膚炎

こんにちは。寝屋川のかわい鍼灸院のユウタロウです(°▽°)

本日も数あるサイトの中から当ブログに足を運んで頂きありがとうございます✨

本日は自分自身が過去に(現在もたまにでてますが)アトピー性皮膚炎で悩んで、苦しんでいた時期があり、その時の経験も踏まえて書いていこうと思います。


今ぐらいの季節の変化やアトピー性皮膚炎の方にとってストレスは、とてもかゆみを引き起こす原因だと思います。


まず、その理由の一つが、体が夏に向けて変化するためです。

東洋医学的には、人には基本的には温かいエネルギーと冷たいエネルギーが交互に巡ることで、体を健康な状態へと保っています。

そして夏にむけて、汗がでて、体が熱でオーバーヒートしないように、今の時期はそれにむけて体が切り替わる時期な訳です。

ただ、その切り替わりの過程で、アトピー性皮膚炎の方は、元々、この巡らす力自体が、弱いためその過程で熱が体にこもりやすいですよね。

だから、熱が皮膚を蒸らしてかゆみになりやすいのが今の季節だと考えられます。


そしてもう一つのアトピー性皮膚炎のかゆみを悪化させる最もの要因が、個人的には「ストレス」だと思います。

アトピー性皮膚炎

この画像は私が過去に、鍼灸の修行で徳島に着いてすぐに撮影された画像です。

少し昔話をすると、当時の私はまだ自分自身のしたい鍼灸にしても整体にしてもその施術の方向性にとても迷っていた時期でもありました。

また、ちゃんと勉強したい施術の道筋がようやく見つかったとしても、その当時は勤務していた職場では、自分が最もしたくない施術の方法をせざる終えなかったので、そのためとてもストレスが溜まっていました。

人ってしたくもない事をすると、どんどんストレスが溜まるってのが、今、振り返ると思いますね。



小学生の頃からアトピー性皮膚炎でかゆくて、かゆくてストロイドを使用して何とかやり過ごしていた訳ですが、この当時はそれが追いつかないほど、かゆみで夜も寝れない日々を過ごしていました。

でっ、仕事は仕事でストレスもあり、体全身がかゆくなって、そうすると、かくことで粉は落ちるは、さらに傷で痛いわ、もう散々ですよね💧

また見た目もどこか顔が赤く、さらに肌も痛い痛いしいって事で、周りから心配もされれば、なんか嫌悪感というか腫れ物に触るような感じで接する人もいたりで、それが余計にストレスになり、かゆみを引き起こしていたのだと当時を振り返ると思います。


そんな矢先に当時、勉強会に定期的に行っていた、徳島の鍼灸院、つまり師匠の鍼灸院に弟子入りする縁ができて、行くことにしました。

師匠は勉強会の資料にと、色んな場面で弟子をモデルに撮ってましたので、その時のデータを見つけて、スクショしたのが、現在掲載しているアトピー性皮膚炎の時の私の画像です。

これは丁度、私が修行してすぐの頃に撮られた画像だと思います。

見ていただいたらわかると思いますが、肌が赤黒く、傷も所どころにあり、まぁ弟子入りした当時は、まだまだかゆいので酷かった訳ですね。

アトピー性皮膚炎2

弟子入りしていた頃は、兄弟子もいましたので、兄弟子が暇な時間を見つけて定期的なはりやお灸の施術、後は師匠からは漢方を頂き、それを毎日、服用してました。

その結果、最初は全然、変化がわからないのですが、少しずつ夜が寝れたりとして、ちょっと赤みがひいたのがこちらの画像です。

アトピー性皮膚炎3

多分、この画像の時点では、ほぼ、赤みも引いて、私自身もまだかゆみはあれど、夜も寝やすいし、アトピー性皮膚炎で悩むことも減ってきた段階です。

アトピー性皮膚炎

これがいつ撮られたか?は謎なんですが、肌の状態から、この段階では私自身もアトピー性皮膚炎のかゆみで悩むことはほぼなくなっていたと思います。

大体、私の場合で言えば、アトピー性皮膚炎の改善には約半年以上は、時間が必要だったってことは記憶しています。

その記憶から思うのは、やはり当時のようなストレスっていうのは、大なり小なりアトピー性皮膚炎のかゆみの悪化の原因だと思うですよね。



今でも自分で独立して、鍼灸院をしていて、大なり小なりストレスもある時はありますが、その際はかゆくなる事も考えると、どうしてもアトピー性皮膚炎の方にとってストレスは天的なような存在であり、常にガス抜きが必要だと思う訳ですね。

それが私の場合は、鍼灸だったり、漢方だったり、睡眠だったり食生活などの養生が、一番、大事だと感じています。


もし、現在、アトピー性皮膚炎でお悩みの方は、まずストレスだけでも軽減するために鍼灸の施術はどうでしょうか?

鍼灸の施術というのは、自律神経を整えることを最も得意としています。

そのため、鍼灸をしてすぐにアトピー性皮膚炎が改善する訳ではないですが、定期的にガス抜きをしてストレスを軽減させることが、徐々にかゆみを抑制する方向に働き、その結果、ちょっとづつアトピー性皮膚炎によるかゆみが軽減していく体になっていくと思います。

もし、現在、アトピー性皮膚炎によるかゆみでストレスがある方は、一度、ご相談頂けたら幸いです✨


では本日もここまで読んで頂きありがとうございます⭐️

また次回のブログでお会いしましょう(°▽°)


----------------------------------------------------------------------

かわい鍼灸院

住所:大阪府寝屋川市池田南町16-9 アズステーション池田103号室

電話番号:072-812-3723

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG