「大阪の鍼灸院」コロナのデスクワークによる肩こりにお悩みの方へ

query_builder 2022/06/02
整体
リラク2

こんにちは。寝屋川のかわい鍼灸院のユウタロウです(°▽°)

本日も数あるサイトの中から当ブログに足を運んで頂きありがとうございます✨

さて、本日はコロナによってすっかり日常化しつつあるデスクワークによる肩こりの症状の方はいないでしょうか?


私自身もコロナで、すっかり鍼灸の研修がほぼリモートで統一され、約3〜4時間ほど、休憩を挟みつつずっとパソコンの画面を見るって生活が続いております。

そうするとやはり肩や腰などが、どうもしんどくなってきます。

自分自身のそう言ったケアとしては、ストレッチや自分にお灸などをしています。


割と軽い程度の肩こりであれば、整骨院だとか整体などで筋肉を緩めてもらえば改善もすると思います。

何より肩こりのケアで言えばそう言った所で、筋肉を緩めてもらう事も良い事だと思います。

しかし中には、その場だけ良くても改善しない!って方もいるのではないでしょうか?


そう言ったコロナによるデスクワークによる肩こりの改善には鍼灸がおすすめですよ!って事と、そのケアに当院の整体をしてみませんか?ってお話を本日はしてみようと思います。


さて、肩こりって皆さんの中でどうでしょうか?

ただ凝っているだけだし、肩こりってすぐ治るのでないの?だとか肩こりって簡単に改善するでないの?って考えも中にいると思います。

個人的に案外、肩こりって良くも悪くも複雑です。


実は肩こりって原因が最も多い症状の一つってご存知でしょうか?

ちょっとだけ考えていただけると嬉しいのですが。

まず肩にしても肩関節、肩甲骨、腕の関節、首の関節、背骨、それに繋がる腰の関節、そして筋肉や靭帯、これだけ大まかにみても、色んな関節や筋肉が繋がって、肩を構成しているのがわかりますよね。

つまり、肩こりで言えば、それに繋がる場所に不調が起きれば、関連して肩こりも起きやすいと言えます。


今回のケースでいえば、コロナでデスクワークが多くなった訳ですが、長時間、同じ姿勢というのは、凄く筋肉や関節に負担がかかります。

それは肩もですが、それ以外にも腰、目、首、座ることによる足のむくみなどなど、コロナによるデスクワークは肩こり以外にも色んな不調を呼び起こしやすい訳です。

さらに言えば、コロナで長時間、デスクワークをするって事は、大なり小なり「ストレス」ですよね。

てっことはそれだけ自律神経の乱れにも繋がりやすいと言えます。


少し前に鍼灸の師匠が話してましたが、ここ最近、鍼灸院にくるお客様or患者様は、うつ的な人が増えてきているって話をこないだしました。

それによる不眠だったり肩こりなどの症状を訴える人が、多いって話をこないだした訳です。

今はコロナで自律神経の乱れから色んな不調を起こしやすい時期でもありますので、筋肉や関節以外にも心の面も考えての施術も大事だと言えます。


コロナによるデスクワークによる肩こりというのは、実は色んな原因が見え隠れするって事が少しは伝わったなら幸いです。


ではその話を踏まえて、少し考えていただきたいのが、それらのありとあらゆる原因があるのに、ただ揉むだけでコロナによるデスクワークの頑固な肩こりが改善するでしょうか?


よほどの神様クラスの腕をお持ちの先生であれば、それも可能でしょう。

しかし、もし、現在、通っている場所(整骨院や整体など)がもし、同じような施術で、しかもその場だけ楽って言うのであれば、まずは根本的な改善が必要だと言えます。

それができた上で、デスクワークによる肩こりの予防としてマッサージや整体って言う、ケアの方法が良いと言えます。


では、具体的にどうするのか?

まず人の体というのは、色んなエネルギーがこのように巡っています。

IMG_0544

このエネルギーの巡り方は、体の内でも外でも同じように巡っています。

例えば、今回のようなコロナによるデスクワークのストレスや疲労が蓄積されてくると、この巡りのバランスがこのように崩れます。

IMG_0707

それがコロナによるデスクワークの肩こりと言えます。

そのため、当院ですと、何が原因でこのバランスが崩れたのか?を最初の問診などから詳しく、お話を聞きます。

問診3

そこからある程度、原因を特定して、鍼灸の施術に入っていきます。

そして手と足のツボを利用して、はりやお灸をしていきます。

鍼2

また、人によってはしっかりと元気をつけるため、お腹にもお灸をしたりします。

その際にはお腹にする「塩灸」って呼ばれる方法をします。

これは箱灸っていう容器に、お塩をのせてするお灸です。

塩灸7

続いて、うつ伏せになって頂き、デスクワークによってこっている肩や首、腰などに鍼をしていきます。

置鍼2

この鍼をしたまま、約10分から15分ほど寝て頂きます。

そうする事で、鍼をした場所(ツボの場所)から、体全体の巡りが良くなり、じんわりと筋肉が緩みます。

その後、鍼を抜いて肩こりの状態に応じて、鍼やお灸で微調整を加えます。

棒灸3

これで約1時間前後の鍼灸の施術は終了となります。

割とこれだけで人にもよりますが、施術後はスッキリすることが多いです。


コロナによるデスクワークによる肩こりの原因は、色んな可能性があるため、しっかりと施術した方が、改善するケースが多いです。

これを踏まえた上で、今後の健康の維持や予防には、マッサージや整体がおすすめと言えます。

当院ですと、ケアのために整体のメニューをご用意しております。

ストレッチ

ずっとデスクワークの姿勢というのは、筋肉も縮こまり、それかで心身ともにストレスとなります。

こういった色んなストレスが、先程の体の巡りのバランスを崩す訳ですね。

そのため、定期的なガス抜きとして当院ですと、ストレッチやリラクゼーションの整体がおすすめです。

ストレッチは体全体をしっかりと伸ばして、気持ちよさと癒しを提供しております。

リラクゼーションは、ツボを刺激してじんわりと筋肉を緩めて、気持ちよさと癒しを提供しております。

どちらもお好みに合わせてお選び頂けたらと思います。

リラクゼーション1

もし、現在、コロナのデスクワークによる肩こりでお悩みの方は、一度、当院で体の状態を確認してみませんか?

そこから最適な施術方法で、肩こりから解放される生活を目指してみましょう⭐️


では本日もここまで読んで頂きありがとうございます✨

また次回のブログでお会いしましょう(°▽°)


----------------------------------------------------------------------

かわい鍼灸院

住所:大阪府寝屋川市池田南町16-9 アズステーション池田103号室

電話番号:072-812-3723

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG