「大阪の鍼灸院」コロナによるデスクワークによる頭痛におすすめできること

query_builder 2022/03/07
はり
箱灸3

こんにちは。寝屋川市のかわい鍼灸院の院長をしていますユウタロウです(°▽°)


さて、本日も数あるサイトの中から当ブログに足を運んで頂きありがとうございます✨


さて、コロナによるデスクワーク生活が増えて近頃、色々な体の不調を訴える方々が多いような気がします。

その中の一つに頭痛があります。


ここで頭痛って一言で言っても実は頭痛にも色んなタイプがある事を皆様はご存じでしょうか?


例えば、よく言われる偏頭痛、これは主に頭の側頭部が痛いって方が多い様な頭痛ですね。

また頭の後ろが痛いって言うようなパターンもあれば、頭全体が締め付けるように重いって言う方もいます。

割と頭痛の場所によって東洋医学では、そこに通る経絡が関係したりして、アプローチ方法が変わってくる場合があります。


また、コロナに関するデスクワークによる頭痛で言えば、当然、心が関係するパターンも考えられます。

つまりストレスですね。

ストレス的な頭痛の場合、何らかの原因で体の巡りが悪くなり、その結果、体の中で起きた熱が頭に行って頭痛が現れるって方が多いです。


このように頭痛って言っても東洋医学的な視点だと様々な原因が考えられると言えます。

特に現代人はコロナによってリモート作業が増えた事により、普段よりデスクワーク作業で目を沢山使ったり、ストレスの兼ね合いでより原因が複雑化して、少しだけ筋肉を緩めるだけでは、表面上は一時期的にマッサージや整体で楽になったとしても、またすぐに戻るっていう頭痛のパターンの方が多い様な気がします。


このような場合、やはりある程度、頭痛の原因となる所を明確にして、そこを本的に改善する必要性があると私は考えます。


では、東洋医学にはこの様な複雑な頭痛をどう考えて、今回のようなコロナによるデスクワークの作業によって起こる頭痛は主にどいった原因が多いと言えるのか?を書いていこうと思います。


まず、私が勉強している流派は「経絡治療」って言います。

この流派では、まず、お話・お腹の状態・脈の状態などから、今回で言えば、デスクワークによる頭痛は何がきっかけで発生しているのか?を考えていきます。

脈診の写真

デスクワーク作業のし過ぎによる頭痛でよく見るのが、目の使い過ぎによる「」の消耗からくるパターンと長年の仕事や家事等による疲労が蓄積されてそれが体に現れるパターンが、最も多い様な気がします。


東洋医学では「血」と言うのは、車で言う「ガソリン」のような存在だと考えます。

つまり、この「血」と言うのは、目で見る事にはもちろん使用されますが、他にも何かを考えたりだとか、掃除や勉強に他にも料理するなどなど、動く際にも活用されます。


デスクワーク作業によって目を酷使している方は、それだけ沢山の「血」を使用してますので、いわゆる、ガス欠のような状態だと言えます。

その為、血の不足により本来、必要な場所にエネルギーの供給が追いつかず、その結果、「血」が不足した結果、体の中の巡りが悪くなり、そこで発生した熱が頭にまで言って痛みとして現れると考えられます。

この場合、当然、デスクワークによる頭痛に関連する筋肉、首や肩こりを取る事も当然大事ですが、大元の「血」の不足も改善する施術も必要だと言えます。


続いて、デスクワークによる頭痛で多いパターンの一つとして、これまでの疲労が蓄積されて現れる頭痛ですね。

この場合、長年の肩こりや首のこりが、今回のデスクワーク作業やさらにコロナストレスが絡んで普段以上に筋肉に負荷がかかり、結果、体の回復力が落ちての元気がなくなった為に、筋肉の奥の部分が硬くなったり凝りとして現れる頭痛だと考えられます。

人には本来、生まれ持っての自然治癒力があります。

しかし、ストレスによる免疫力の低下や普段の根を詰めたデスクワーク作業により、その回復力が徐々に追いつかずに、体に蓄積される頭痛は、根っこ部分が深いですので、ちょっとやそっとでは改善しません


ですから、当然、肩こりや首のこりも緩める事も大事ですが、その他にもデスクワークによる姿勢で張った背中や腰、またずっと同じ姿勢だとむくみの原因にも繋がりますので、当然足の筋肉を緩めるなど、結果、体全身を満遍なく緩める必要があると言えます。

さらに肩こりや首のこりが深い所にあると考えられますので、それを鍼(針)やお灸でしっかりと緩める必要があると言えます。


以上の事からどちらも根本的なアプローチが必要だと言えます。

当院では根本的な元気、つまり今回でいえば、デスクワーク作業のし過ぎによるに頭痛の場合、先程の言いましたお話や脈、お腹などからその人の芯の元気のどの部分が弱っているのか?を考えていきます。

続いて、その芯を元気をつける為に、手と足に鍼やお灸をしていきます。

鍼2

その後、うつ伏せで肩こりや首のこり、原因によっては腰や足などもしっかりと鍼(針)やお灸で緩めていきます。

最近だと重度の肩こりや背中の張りが強い方にはこの様に箱灸を置いて、しばらく寝て頂く事が多いです。

これはあくまで個人的な主観ですが、コロナストレスにより以前より疲れやすい方が多い様な気がします。

ですから当院では最近、うつ伏せの施術は気持ちゆっくりとしています。

箱灸10

箱灸と足元には湯たんぽを置いて、体全身をしっかりと温めて体全体を緩めていきます。

この施術で約50分前後した後に、残りの首やらを鍼で緩めていきます。

鍼5

これで大体、約1時間前後の施術が終了となります。


これまで述べたようにデスクワークの頭痛って意外にマッサージや整体で取れる場合は私もそれで良いと考えます。

しかし、現代はコロナによるストレスだったり必要以上にリモートが主流になり、以前よりデスクワーク作業が増えてより、頭痛の現れ方も複雑化したような気がします。

ですから、整骨院でも整体でもしてもらえばそれで筋肉もしっかり緩むので、楽にはなると思います。

しかし、また仕事や家事で繰り返しては、また整骨院や整体に行く事ってしんどくないでしょうか?


それならある程度、自然治癒力をしっかりと高めて体の芯を元気にして、頭痛が出にくい体つくりをして頂く事が一番良いと私は考えています。


確かに体質を変えるとなると、それなりの期間は当院でも通って頂く事にはなります。

しかし、頭痛のたびに薬で抑えたり、その場だけでの施術だと、将来的にも年齢を重ねるたびに人の回復力は落ちますので、しんどい事になってくると考えられます。


しっかりと土台ができると、ある程度、年齢を重ねて少々無茶をしても元気に過ごせます。

また体の土台ができるって事は、当然、薬に頼らない生活にもなってくると言えます。


当院でしっかりと体質を改善して、頭痛のないスッキリとした生活を過ごしてみませんか?

もし、デスクワークによる頭痛でお悩みの方は、一度、ご相談頂けたらと思います。


では本日もここまで読んで頂きありがとうございます✨

また次回のブログでお会いしましょう(°▽°)


----------------------------------------------------------------------

かわい鍼灸院

住所:大阪府寝屋川市池田南町16-9 アズステーション池田103号室

電話番号:072-812-3723

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG